☆この冬も、豪雪といわれた昨冬を凌ぐような大雪となり、2月に入って高田地区では一斉除雪も行われました。皆様も除雪作業でお疲れのことと存じます。本当にご苦労様です。また、ここにきて除雪作業中の事故のニュースも度々伝えられています。とくに屋根の雪下ろしや、除雪機で作業される際にはどうかくれぐれもお気をつけ願います。
☆店舗ショールームを春の展示に模様替えしました。ホンダ、ヤンマーのミニ耕うん機を中心に展示し、あわせて店頭特価セールも実施中ですので、ぜひお立ち寄りください。
3月24日(土)・25日(日)、マルトミ春のスペシャルデーを開催します。 農業機械、家庭用のミニ耕うん機・草刈機・発電機・電動カーなど豊富に展示するほか、来シーズン用の除雪機予約もお得な条件で承ります。どうかお誘いあわせてお出かけください。

家庭菜園の耕うん・うねたてはおまかせ下さい


家庭菜園は楽しいけれど、春の耕うんとうね立てはちょっと大変ですよね。 そこで、そのどちらもラクラクきれいにできるミニ耕うん機とアタッチメントの組み合わせをご紹介します。

■ホンダ・ サラダFF300L + M型ヒッチ + グリーン培土器W
耕うん幅 45センチ。
3点セットでの通常特価162,100円
耕うんもうね立てもコツいらず力いらずできれいにできるので、初めて使われる方には一番のオススメ品です。
もっとパワーがほしいと思われる方には大型のFF500Lもございます。

■ホンダ・ ラッキー FU655L  + ニューイエロー培土器(尾輪付)
耕うん幅 51センチ。
2点セットでの通常特価 229,400円
パワーがあって 仕事がはかどるうえ、一軸正逆転ローターにより危険な飛び出しもなく使いやすさも抜群です。大き目の畑をお持ちの方にオススメします。

■ヤンマー・ポチMRT650RZ + ニューイエロー培土器(尾輪付)
耕うん幅50センチ。
2点セットでの通常特価 226,600円
農機メーカートップブランドのヤンマーのノウハウを詰め込んだ、一軸正逆転ローター付ミニ耕うん機です。培土器を使わずに本機だけでも簡単なうね立ができる便利な機能もついています。

■ヤンマー・うね立てポチMRT650UV
耕うん幅50センチ。  
通常特価 208,800円
他の一般のうね立のように培土器で溝を作るのではなく、耕うん爪を逆転させて土を左右に飛ばして盛ってゆく本格的なうね立のできる機種で、耕うん・うねたてとも本機だけでできアタッチメントは必要ありません。


他にもいろいろありますので、ぜひ店頭でご覧ください。作業機も各種取りそろえてあります。
なお、当社の販売価格には [ お届け・試運転 ] も含まれています。

除雪機の修理で新聞・テレビの取材を受けました。
当社では、雪が積もった1月中旬以降、毎日除雪機の修理のご依頼を多数いただき、大忙しの日々を送っています。
そんな中で、先日は地元の新聞社とテレビ局から除雪機修理についての取材の申し込みがあり、ご覧くださった方もおられるかもしれませんが、2月2日の新潟日報と2月10日の新潟テレビ21で当社の活動の様子が報道されました。
雪の降り続く中での修理は大変と言えば大変ですが、対応が急がれる状況の中でうまく直ってお客様に喜んでいただけるのはとても嬉しく、やりがいがあります。逆に、ここにきて必要な部品がメーカー欠品となり、しばらくお待たせしてしまうケースも出ているのが大変申し訳なくつらいところです。部品が間に合わない場合でも、応急処置が可能なものは何とか使っていただけるように努力していますので、どうかご理解のほどお願い致します。

ヤンマー創業100周年の式典が行われました。
1月24日に神戸ポートピアホテルでヤンマー創業100周年記念大会が、翌25日には同所でヤンマー農機全国特販店表彰大会が開催され、当社も出席してまいりました。
100周年の式典の中で映像で紹介された、ヤンマー創業者の山岡孫七氏とディーゼルエンジンの発明者であるドイツのルドルフ・ディーゼル氏の関係に深い感銘を受けました。山岡氏は、恩人であるディーゼル氏が亡くなった後、その功績を後世に残すためディーゼルエンジン発祥の地アウクスブルク市に記念碑を寄贈しようと努力され、それが縁で、ヤンマーの国産ディーゼルエンジンが開発された尼崎市とアウクスブルク市が姉妹都市となって今も交流が続いているということです。本当に素晴らしいことだと思います。時代が違うと言えばそれまででしょうが、特許を巡って企業同士が国をまたいでの訴訟合戦を繰り広げている今の現実とはまるで別の世界の話のようです。
おなじみのヤン坊マー坊の天気予報もそうですが、こうしたエピソードからもヤンマーという企業の温かさが感じられました。

今年も1月6日にお祓いをしてもらいました。 今年も1月6日に直江八幡宮の宮司様に会社のお祓いをしていただきました。年明けのころは穏やかな日が続いたため、お正月は社員皆いつになくゆっくり休ませていただきました。のんびりと正月気分を満喫した後で、宮司様のすばらしくよく通る声で祝詞をあげていただくだけで、なんだか今年は良い年になるような気がしました。まあ実際、去年の日本の状況を思えばそれより悪いことなんてそうそう思い浮かべられませんし、きっと今年は良くなるはずです。社員一同そう思って元気で頑張りますので、どうか今年もよろしくお願い致します。