平地では、4月に入って畑に残っていた雪もほとんどなくなりました。いよいよ春到来です。ただいま店舗ショールームでは、家庭用ミニ耕うん機や草刈機関係を中心に各種展示し皆様のお出でをお待ちしています。特典もいろいろありますので、ぜひお出かけ下さい。

ショールームの水槽の生き物たちも、暖かくなって活発に動き始めました。メダカやドジョウ、タニシなどがすむ、懐かしい自然の景色をぜひご覧願います。



●春のスペシャルデーを開催しました。
3月12・13日、恒例の春のスペシャルデーを開催しました。
12日はちょうどあの地震の翌日だったため、正直心配もしていたのですが、好天にも恵まれ予想を大きく上回るお客様がご来場くださいました。なにかと大変な中をお出かけいただき本当に有難うございました。また、多めに用意したはずのご来場プレゼントも途中でなくなってしまい、お渡しできなかったお客様には大変申し訳ありませんでした。
今回は、春農機、ミニ耕うん機の他、除雪機とモキの薪ストーブのコーナーが人気で、除雪機は早くも来シーズン分のご予約をたくさんいただきました。
次回は7月9日・10日に夏の感謝祭を開催します。ぜひまたお出かけください。

●住宅用火災警報器の設置はお済みですか。
平成16年に改正された消防法により、一般の住宅にも火災警報器の設置が義務づけられました。 その後の猶予期間を経て、上越ではいよいよ今年5月31日が設置期限となります。
義務づけられている設置場所は寝室で、寝室が2階にある場合には階段の上の天井付近にも取付けることとなっています。上越の場合、台所や居間への取付けは任意で、義務ではありません。でも、設置義務のあるなしにかかわらず、ご家族の安全と命を守るためにも、必要と思われる場所にはぜひお備えください。当社では、取り付けはもちろん、どこに付けたら良いかのご提案もさせていただきますのでお気軽にご相談ください。

ホーチキ製 住宅用火災警報器
単独タイプ 3,000円 (こちらで取付の場合、プラス1,000円)
煙を感知した警報器が単独で危険を知らせます。
無線連動タイプ 6,500円 (こちらで取付の場合、プラス1,000円)
1台が感知すると全ての警報器が一斉に危険を知らせます。
(社)日本火災報知機工業会のホームページより
取付が義務付けられている所 ―取付をお勧めする所

2011年国内排出ガス自主規制値をクリアしたエコエンジンが登場!!
チェンソーや刈払機など小型機械の多くは、混合ガソリンを燃料とする2サイクルエンジンが使われています。その2011年国内排出ガス自主規制に対応するため各メーカーとも新エンジンを開発していますが、そんな中で㈱やまびこから、いち早く規制値を大きくクリアした新型エコエンジン搭載の共立製品が一斉に発売されました。低排出ガスと低燃費を実現したクリーンで経済的な 共立の「EKOマーク」付製品をぜひお選びください。