12月1日、暖かい小春日和となったので、バタフライガーデンの様子を見に行きました。 昨年の12月1日も同じ天気で、そのときは公園内にたくさんのヒメアカタテハが飛んでいて驚いたのですが、今回はもう何度かあった雪やみぞれの日に死んでしまったのか、かろうじてキタテハとヒメアカタテハが1頭ずつ見られただけでした。

 他になにか生き物がいないかと探していたら、ユズの木に1つだけ隠れるように実が付いていました。写真では見えませんが、よく見ると極小サイズの蚊のような虫が実の表面を忙しげに歩き回っていて、その周りでも何種類かの昆虫が見られました。別に暖冬だからというわけではなく、小さい昆虫には真冬に活動する種類もけっこういるようです。