6月にサービス工場の巣から落ちたスズメの雛の記事を載せましたが、経過を報告します。

 雛は、社員の家族で動物飼育の「プロ」とでも呼べるような人がおりましたので、そちらにお願いし、育ててもらいました。発育はちょっと遅れ気味だったそうですが、元気に育ち、7月4日の朝に、大空に飛び立っていったそうです。本当に良かった。

 忙しい家事の合間に、無事巣立ちまで面倒を見ていただいた方には、ただただ感謝です