当社サービス工場の軒下に毎年スズメが巣作りしています。雛が生まれても下に落ちていることが多く、たいていの場合、かわいそうですが死んでしまいます。今年も6月初めに一羽が落ちておりました。羽根は生えかかっていましたが、ほとんど動かずもうダメだと思いましたが、家に持って帰り暖めてえさを与えたところ、写真のように元気になりました。いまでは部屋中を飛び回っています。今回はうまく行きましたがこれ以上、巣から落ちてこないよう祈っています。

サービス課 東條