この時期としてはなぜかチョウの数が少なめで、いつもなら必ず来ているアゲハチョウの姿も時々しか見られません。毎年カラスザンショウやサンショウにたくさんついて困る幼虫もあまり見られません。

それでも注意してみれば、チョウたちはちゃんと来ています。今が盛りのセイヨウミヤコグサの花にはツバメシジミ、ベニシジミ、ヤマトシジミがちらちら飛び交っていました。交尾しているツバメシジミを見つけ、ちょっと変だなと思ったら、メスが、後ろバネ裏側の赤い紋が黒化した珍しいタイプの異常型でした(写真)。