10月1日現在、ミヤギノハギの花がそろそろ終わり、代わりにノコンギクがいっせいに花をつけ始めています。毎日いろんなチョウがやって来ていますが、この時期の主役はキチョウで、ちらちら飛び交う鮮やかな黄色がとてもきれいです。

おととしの秋に見つけたクツワムシは、その後ここには来ていませんが、代わりに今年は、道を挟んだ向かいの藪や裏手の修理工場の近くから鳴き声が聴こえていました。これからもっと数が増えて、周り中でガチャガチャとにぎやかに鳴いてくれる日を楽しみにしています。