朝からよく晴れ、暖かな小春日和となった12月1日、久しぶりにバタフライガーデンの様子を見に行きました。

もう葉も枯れかけたブッドレアの枝先から飛び立ったヒメアカタテハを目で追うと、すぐ近くのセイヨウタンポポの花に降りました。写真を撮ろうと近づいたら足元から別のヒメアカタテハが飛び立ち、またタンポポの花にとまり、改めて見回すと、あちらこちらで飛んでいるのが目に入りました。公園の中だけで10頭くらいはいたでしょうか。それに数は少ないけれど、キチョウ・モンキチョウ・キタテハもいて、点々と咲いているタンポポの花を次々に訪れては蜜を吸っていました。

もう12月だというのに、雪国とは思えないのどかな風景に驚きましたが、さすがにここまで来るといつ雪が降ってもおかしくはない状況なので、多分蝶たちの姿もこれが見納めになるでしょう。でも、数ヶ月すればまた春が来ます。今度は同じ場所で一面に咲くタンポポの黄色い花のじゅうたんの上を楽しげに飛び回る春の蝶たちの姿が見られることでしょう。