この1年のご愛顧に 心より御礼を申し上げます。

早いもので2016年も残すところあとわずかとなりました。
振り返ると、今年も大きな自然災害が次々に発生して各地に大被害がもたらされました。すぐに思い浮かぶものだけでも、4月から続いた熊本県での地震、施設が押し流されて9人のお年寄りの方が亡くなられた8月岩手県での大雨による洪水、10月の鳥取県中部地震と続き、さらに先月末、福島県沖でも大きな地震が発生し周辺各地に津波警報が発令されました。

NHKではずっとその報道のみという緊急事態の中、5年前のできごとが思い出され、状況が収まるまでは心配で仕事も手に付かなかった方が大半だったのではないでしょうか。他に大きなニュースにはならなかったものも含め、各地で頻発した災害により多大な被害を受けられた皆様に心よりお見舞いを申し上げます。

また、今年は国際情勢を見ても本当に激動の一年でした。皆様もお感じのことと存じますが、それぞれの国の立場や国同士の関係が今までとは違う方向に動いているような気がします。不安はありますが、見えない先のことを心配ばかりしているよりも、それが明るい未来に向かうことを信じて元気に過ごすことを心がけたほうが、少なくとも健康には良いのではないでしょうか。

この一年のご愛顧に篤く感謝申し上げますとともに、来る2017年が皆様にとりましてより良い年となりますことを心よりお祈り申し上げます。
また、今後共 マルトミをどうかよろしくお願い致します。

(当社では、現在年賀状による新年のご挨拶はいたしておりません。何卒ご理解のほどお願い致します。)

除雪機ご使用前の注意点と安全な使い方

201612-1今年も雪のシーズンがやって来ました。除雪機をお使いになる皆様に、使用前と使用時の注意点をいくつか挙げさせていただきます。
除雪機は、きちんと使用法を守って作業される限り決して怖いものではなく、事故の心配もまずありませんが、それでもくれぐれもご注意の上、どうか安全にご使用くださるようお願い致します。
<エンジンをかけるとき>
  1. 始動前に、エンジンオイルがちゃんと入っていることをお確かめ下さい。
    オイルの量が少なかったり汚れていたりすると、大きな故障に結びつく危険があります。
  2. バッテリーは十分ですか?
    バッテリーが不足していると、エンジンがかからなくなったり、雪を飛ばす筒が回転しにくくなったりしますのでご注意ください。そうなった場合は充電が必要です。
  3. キャブレターが詰まっていませんか?
    バッテリーは十分にあるのにエンジンがかからなかったり、かかっても音が波打つようなときはキャブレター(気化器)の詰まりが考えられます。そうなった場合は修理が必要です。
<安全な使い方>
  1. ハンドルから離れるときは必ずエンジンを止めてください。
    基本中の基本です。これさえ守っていただけばまず事故は起きず怪我することもありません。
  2. 雪を掻き込む部分(オーガ)や掻き込んだ雪を飛ばす部分(ブロア)に触れるときは、エンジンを止めて、それらも完全に止まっていることを確認してください。
    しばらく惰性で回っている場合もありますので、必ずご確認下さい。
  3. 熱くなっているマフラーに触れないでください。
    とくに小型の除雪機はエンジンのマフラー(排気筒の部分)がむき出しになっている機種が多く、エンジンを止めた後もしばらくは熱い状態になっていますので、手を触れないようご注意下さい。
それから、作業される方の危険とは別に、作業中除雪機の周りや雪を飛ばす方向に人や車などがいないことを充分確認してください。
もし使用法等について、何か御不明な点などあればご遠慮なくおたずね下さい。

除雪機の盗難にご注意ください。

この数年除雪機の盗難被害が増えています。使用後はカギを外しておかれるのはもちろん、夜間も外に出しておく場合などはチェーン等による施錠をお願い致します。

山野草の育て方2. 新潟県から発信・雪割草 ①

今回は新潟県の指定草花、雪割草について書かせて頂きます。
新潟県には多くの自生地が有ります。種類はオオミスミソウとミスミソウが主体です。
自生地では北向きの斜面に多く生育しています。
生育環境は春に日が当たり、夏は草の下で日光や雨があまり当たらず風通しが良く静かなところで生活しています。
当上越地方ではオオミスミソウが東頸城地域、吉川地域、柿崎地域などに自生しています。
またミスミソウについては、妙高地域、頸城地域、上越市地域、西頸城地域、糸魚川地域に有ります。



ミスミソウ系については、花色は白と薄ピンク、薄黄花があり、多弁花であまり変化したものはありませんが、オオミスミソウは色も多彩で花びらも大きく見栄えがし、花芸、葉芸も多彩です。
雪割草の種類ですが、標準花系22 種類以上、八重咲き系11 種類以上、カラコ咲き系7 種類以上、葉芸品については8 種類以上、色は、赤系、紫系、覆輪花系、地合い咲系、吹掛け系、縞花系、中透け系、網目系、梅弁系、桜弁系、ツマ紅系、底白系、底赤系、緑花系、黄花系、変化色系、青軸系、ナデシコ咲系、変わり咲系と多芸、
これらの掛け合わせによりいろいろな花が出現しました。

交配をしたことのない方については、これから購入した花を自家交配し、種子を採って播種してください。3 年後に変化する花が出る可能性があります。購入した時に必ず種をまいてみてください。
次回は、雪割草の育て方について詳しくご説明させて頂きます。

(荒川豊)


珍しい斑入りのものなど、常時 数万鉢の山野草を取り揃えています。ぜひおでかけください。
さんやそう荒川 〒949-2316 上越市中郷区江口993-7 TEL&FAX 0255-74-2322

<冬期間の除雪機修理対応について>
当社では12 月30 日から1 月4 日までを正月休業とさせて頂く予定ですが、雪が降って除雪機が稼働するような場合は12 月31 日~1 月2 日を除き臨時営業させて頂きます。
その後も冬期間は降雪の状況次第で休日も営業しますが、
それ以外でも緊急の御用は携帯番号090-4709-7489(富取)までお願い致します。

201612-4