summer_necchusyou
梅雨明けと同時に日本列島を今までにない暑さが襲い、熱中症事故が多発しています。熱中症を正しく理解し、予防に努めましょう。(農林水産省)

熱中症の予防法

熱中症の予防には、「水分補給」と「暑さを避けることが」大切です!

[暑さをしのぐ服装]
○防止の着用
○通気性の良い衣類の着用

[水分補給]
○こまめな水分補給
○気温の高い時間は作業しない
○こまめな休憩

[施設内の温度上昇に注意]
○ハウスや畜舎等の換気
○遮光や断熱材の施工で温度上昇を防止

熱中症になった時の処置は・・・・

  1. 木陰など涼しい場所に避難させる
  2. 衣服を脱がせ、体を冷やす
  3. 水分を補給する
  4. 自力で水を飲めない、意識がない等の場合は、直ちに救急隊を要請
暑さの感じ方は個人差があります!高齢の方は特に注意が必要です!
  • 熱中症患者の約半数は65歳以上の方です。年を取ると暑さや水分不足に対する感覚機能が低下し、暑さに対する身体の調整機能も低下しています。
  • のどの渇きを感じていなくてもこまめな水分補給をしたり、.暑さを感じなくても日陰などを利用し、こまめな休憩をとるよう心掛けましょう。
まわりが協力して、熱中症予防を呼びかけ合うことが大切です!
  • 一人作業を極力避け、二人以上での作業を心がけましょう。熱中症の予防を呼びかけ合うことで、熱中症の発生を防ぐことができます。