今年は記録的な小雪で春の訪れも早く、3月19日に市内のお客様の畑でモンシロチョウ、キチョウ、ルリシジミがいっしょに飛んでいるのを見たのが蝶の初見でしたが、その後気候が変わって時ならぬ雪が積もったりして、高田公園の桜の開花もちょっと遅れそうです。

隣りの公園のバタフライガーデンもまだ殺風景そのものですが、それでもよく見ると春は始まっていて、コナラの根元にはウマノスズクサが芽を出していました(写真)。株も大きくなったので、今年こそは匂いに惹かれてジャコウアゲハもやってきそうな気がします。