• 今年の夏は暑かった割に意外に残暑は続かず、8月後半頃からは涼しい日も多くなってそのまま秋に移行した感じです。数日前からキンモクセイの香りも漂い始め、いよいよ秋本番です。 一部を除いて稲刈りも終了し、農家の皆様はホッと一息つかれていると思います。お疲れさまでした。
  • ただいま除雪機の時期前点検を実施中です。お得なこの機会にぜひご利用ください。
    コンバインの使用後点検整備も承っておりますので、そちらもよろしくお願い致します。
  • 10月4日・5日に除雪機商談会を開催し、その後もショールームに商品を展示してお得なセールを実施しております。機種によってはすでに品薄となっているものもございますので、どうかお早めにご相談願います。

●除雪機の点検はお早めに ~簡単にできる点検のポイント~

20141008-01雪のシーズンがだんだん近づいてきました。 いざというときすぐに快適な作業ができるよう、早めの点検をおすすめします。  点検の際のとくに大事なポイントを3つあげておきますのでご参考にしてくだ さい。なお詳しくは取扱説明書をご覧願います。

 

  1. オイルはきちんと入っていますか。
    とくにエンジンオイルの量が少なすぎたり汚れていたりすると大きなトラブルの原因となります。エンジンをかける前にまずエンジンオイルの確認をしてください。
  2. バッテリーがあがっていませんか。
    始動のスイッチを入れてみて、セルモーターが回らなかったり、力が弱くてエンジンがかかりにくいときは、バッテリ-があがっていることが考えられます。その場合は液量が不足していないか確認したうえで、充電器で充電をしてください。
  3. 古い燃料が入っていませんか。
    始動のスイッチを入れてみて、バッテリーは充分あるのにエンジンがかからなかったり、かかってもすぐ止まったりエンジン音が波打ったりする場合、キャブレターが詰まっていることも考えられます。こうした現象は、シーズン後の格納時にキャブレター内のガソリンを抜いておくことと、古い燃料を使わないようにすることで防ぐことができますが、詰まってしまったキャブレターは修理が必要です。

※点検の方法などで何かご不明の点がありましたらお気軽におたずねください。

●除雪機の点検、承ります。

ただいま当社では除雪機のシーズン前点検・整備キャンペーン中です。
時期前にきちんと点検・整備しておくことで、いざというときも安全・快適に作業していただくことができます。
キャンペーン期間中(10月31日まで)は、小型機で8,200円からと料金もお得になっておりますので、ぜひ、この機会に御利用をお願いいたします。

●耕うん機・草刈機などの格納前のお手入れについて

20141008-02除雪機とは反対に、シーズンを終えてもう来年まで使わない耕うん機や草刈機などは、長期格納の前に簡単なお手入れをしておくと、翌シーズンもトラブルなく快適にご使用いただけます。  とくに、燃料を完全に抜いておくことと、さびやすい部分には注油しておくことが大切です。

●ホームページに除雪機専用のページを設けました。

20141008-03

先月からマルトミの通常のホームページとはべつに、除雪機専門のページを設けました。ホンダ・ヤンマー・ヤナセの除雪機の御買得価格や在庫の状況、中古機情報などを掲載しておりますので、関心をお持ちの方は時々覗いてみてください。 http://josetuki.net/か、または「マルトミ」のHPのトップページ右上をクリックしていただいてもご覧になれます。

●昆虫標本第4弾 展示中です。

20141008-04ただいま 昆虫標本第4弾を展示中です。
昨年夏に高田郵便局のロビーで展示した「虫 展」の標本の中から選んで展示しているもので、とりあえず今回で最後となります。
スペースの都合で、点数は多くありませんが、世界と日本のなかなか見る機会のない昆虫と、高橋桃子さんのきれいなイラストがご覧になれます。 
今年いっぱい飾ってありますのでこちらにお出かけの際はぜひお立ち寄りください。