• 今年も春から天候不順で、5月になっても寒い日が多かったりしていましたが、ようやく初夏らしい陽気になりました。草刈りのシーズン到来ですが、くれぐれも怪我や事故などのないよう気をつけて安全に作業していただきますようお願い致します。
  •  7月6日・7日は恒例の夏の感謝際を開催いたします。7日の日曜日は緑の市場もオープンしますので、ぜひ皆さまでお出かけ下さい。
  • 6月14~16日と8月10日~15日は休業とさせて頂きます。ご迷惑をおかけし申訳ありませんが、何卒よろしくお願い致します。 なお、その間、お急ぎの場合は090-4709-7489(富取)までご連絡願います。

たまには農機具屋らしく農業資材の宣伝を。 とくに、これからお米の直販をお考えの方に、ミズホのMリン農法をおすすめします。 まずは資料をご請求ください。青田指導など、勉強会も実施しています。

  • Mリン農法により、作物のリン酸吸収が促進され、光合成能力を向上します。
    その結果、耐病率が高まり食味で重要な「糖度」も上昇します。
    (一般農産物に比べ、2度~5度上昇)
    食味の向上と共に、鮮度保持にも飛躍的な効果があり結果として高品質を実現可能にします。
  • Mリン農法により、天候に左右されない「安定多収」が可能になります。
    一般に不作の原因となるのは、多雨時によるチッ素過多と根腐れ、日照不足時の光合成不良(炭素率の低下)、低温時の生育不良があげられます。これらの原因に対応できる生育調整の資材と技術が整っており、悪天候でも多収穫が可能となります。
  • Mリン農法により、作物をバランスよく生育させます。
    いわゆる作物を「強固」に作ることによって、耐病性が増し、低農薬栽培が可能となり、農薬代を大幅に軽減できます。低コストの第一は、「不必要な資材を使わない」事です。Mリン農法では、土壌改良材(ケイカル・熔リン・石灰チッ素等)や、化学肥料を改めて、有機による土づくりを行い、肥効的にも優れた安価な単肥を上手に使いこなしていきます。

<草刈り作業を安全に行うために>

本格的な草刈りのシーズンを迎え、刈払機を使う機会も多くなっています。安全な作業のための大切なポイントをあげておきますので、ご参考にしてください。

  1. すそじまり・そでじまりの良い草刈作業に適した服装に加え、保護メガネ・防振手袋・作業靴などを着用する。
  2. 作業前に各部の点検を行う(特に刈刃の取付状況)。
  3. エンジン始動時には、刈刃が地面に触れていないかを確認する。
  4. 刈刃を地面に当てて小石などを飛ばさないよう注意する。
  5. 傾斜地での作業は一歩ずつ足場を確認してすべらないように行う。
  6. 操作カンを離すときは必ずエンジンを止める
  7. 機械の調子が悪くなったらすぐに作業をやめてエンジンを止める。


<除雪機のご予約は、どうかお早目にお願いします>

昨シーズンも、除雪機がメーカーを問わず早くから品切れとなり、大変ご迷惑をおかけしました。 幸い雪の方は前の冬ほどではありませんでしたが、今後も年によって変動はあっても上越では雪が積もって当たり前という認識に加え、どうせ買うなら消費税のアップ前にというお考えもあってか、今年も春から除雪機の御予約をたくさんいただいています。
そんな状況ですので、今年も除雪機は早いうちに品切れとなってしまいそうです。これから夏になるという時期に誠に恐縮ではありますが、ぜひすべての機種がご用意できる今のうちに、見て、触れて、聞いて、御自身に最適な除雪機を選びご予約下さいますようお願い致します。

「 虫 展 」 高田郵便局ロビーにて8月開催

昨年9月に富取が高田郵便局で「陸と海の甲殻展」を開催しましたが、今年も8月5日から31日まで、同じ会場で展示会を行います。
前回は甲虫とウニ・カニを展示しましたが、今回は昆虫にテーマを絞り、標本と、毎回「マルトミです」にカットを描いて頂いている高橋桃子さんのイラストによる 「虫展」となります。
前回同様、他では見られないような標本もいろいろ展示する予定で、また、虫が苦手な方でも高橋さんのイラストはきっとお楽しみいただけると思いますので、ぜひご覧ください。